彼女が欲しい大学生がつい取りがちなNG行動10選!

スポンサーリンク

彼女が欲しいけど、どうやって彼女を作ればいいのかわからないという大学生は多いと思います。

そこで今回の記事では、彼女を作る上で良くやってしまうけど、実はNGな行動について書いてみたいと思います。

なぜ彼女を作るために何をすべきなのかではなく、何をすべきでないのかについての記事を書くのかというと、

 

何をすべきかについてはネット上に様々な情報がある一方で、すべきでないことについてはあまりネットに情報がないからです。

 

また彼女を作りたい大学生がとりがちなNG行動を知ることで、あなたが意中の女性から自分の気づかぬうちに減点されてしまうことも防ぐことに繋がります。

そういったわけで早速始めていきます。

 

 女の子に対して下手に出てしまう。

彼女が欲しい大学生がまずやってしまいがちな行動が、女性に対して下手に出てしまうことです。

具体的にいうと相手が変なことや自分に都合いいいことを言った時にそれに反論できなかったり、ツッコミを入れられなかったりする人のことです。

変だなと思いながらも「そうだよねー。(愛想笑い)」みたいな対応をしてしまう人をイメージして頂ければいいです。

 

女性に対して下手に出てしまうのがなぜまずいかというと、女性は自分より下だなと思った相手には恋心を抱かないようにできているからです。

 

つまり女性に対して下手に出る習慣を直さないと、あなたは女性から恋愛対象として見られず、彼女作りが難しくなってしまいます。

逆に言うと女性は強気な男性に恋心を抱くようになっています。

女性が自覚しているか、していないかは別としてこのことは遺伝子レベルで組み込まれていることです。

 

なぜ女性が強気の男性に恋心を抱くようになっているかと言うと、強い男性と生殖行為をすることが、自身と自身の子供の生存確率を上げるための最適な生殖戦略だからです。

あなたがもし彼女を欲しいのに女性に対して弱気で接してしまっているのなら、女性に対して時より強気な態度を見せていきましょう。それだけで、あなたのことを友達ではなく、男として見てくれ女性の数が増えるはずです。

 

女の子の言動に敏感になる。

女の子の言動に敏感になることも、彼女が欲しい大学生がとりがちなNG行動の一つです。

なぜ女の子の言動に対して敏感になるのがまずいかというと、女の子の言動に対して敏感になることで、あなたの言動に余裕がなくなってしまうからです。女性は言動に余裕が感じられない男のことが嫌いです。

例えば女の子が、今日は自分とあったけど挨拶をしてくれなかったとしましょう。たいていの場合はたまたま挨拶を忘れていたりするものです。しかし女性経験が少ない人は、この出来事に対して敏感になりすぎます。

「なんか昨日怒らせるようなことしちゃったかな?」「もしかして嫌われているのかな」みたいな感じです。

そしてそのような想像をしてしまうので、例えばその女の子に対して、顔の表情が硬くなったり、そっけなく自分も対応してしまったり、逆に過剰に関わりにいってしまいます。

 

これらの行動は全て、NG行動です。行動の節々に余裕のなさが出ています。

 

女性は男性と比べて、行動に一貫性がなく、また感情的な傾向があります。

その特性を理解しないで、男性に接するように女性に接していたら精神的に大変です。

 もちろん女性が怒っている態度をとっている時は、その原因を考えることが大切です。しかし、原因を考えてから「まずいな。どうしよう。」とか考えるのは良くないです。

 

このように考えてしまうと精神的に余裕がなくなってしまいます。

 

そうではなくただ冷静に原因だけ考えて、余裕をもって当たり障りのない対応をしておきましょう。たいていの場合は女性が感情的になったときの対応策は何もせずに相手の主張を聞き、時間の経過を待つことです。

 

 女の子に対し頻繁に連絡をしてしまう。

女性に対して連絡をする頻度がやけに多いのも、彼女が欲しい大学生がやってしまいがちなNG行動です。この項目だけやけに具体的になっていますが、モテない男子が狙っている女の子にやる典型的なNG行動だからです。

 

何を隠そう僕も以前やっていました。やりまくっていました(笑)

この行動の何が悪いのかというと女の子からするとキモチ悪い点です。なんか下心が見えているし、必死感も伝わってくるし、そもそも返信したらすぐに反応あるって正直暇人かよって女の子は捉えています。

 

要するに女の子に頻繁に連絡を取ったり、すぐに返信を返したりするのはやめましょう。そして出来るようなら女の子よりもゆっくりとしたペースで連絡を返しましょう。

 

このような行動一つ一つがあなたの言動から余裕を匂わせます。

 あと女性に対して余裕を持つのには、コツがあります。それは「この女性がだめでも、次があるさ」と考えることです。

 なんで僕たちがしつこくなってしまうのかというと、これを逃したら次がいつ来るかわからないと考えてしまうからです。次があるとわかっていたら冷静になることが出来ます。

そしてその冷静な態度こそ女の子は大好きなのです。

 

恋愛は交渉です。そして交渉はノーディールが出来ると有利に進めることが出来ます。ノーディールとは、取引をしないことです。つまり恋愛でいうと、あなたとは付き合わなくともいいよ。という意思表示のことです。

 前回の記事でも書きましたが、常に出会いを作れることは、男にとっての生命線です。詳しくは前回の記事を読んでください。

 

狙っている女の子以外が目に入らなくなる

恋をすると狙っている女の子しか目に入らなくなる人はたくさんいると思います。しかし、この状態になると上手く行くはずの恋愛も上手く行きません。

 

なぜか。

 

それはこの状態になると男は余裕がなくなってほぼみな気持ち悪くなってしまうからです。言い換えるなら、不自然な状態とでも言いましょうか。

良く女性経験がない男の人の恋愛相談に乗っていると「○○ちゃんは運命の人だから」みたいなお話をよく聞くことが有ります。

 そして○○ちゃんは運命の人と思い込んで、○○ちゃんしか目に入らなくなってしまう。

 そのたび僕はこう思います。

 

いやせいぜい数か月少しの間かかわっただけで運命とかないから。君は彼女の内面ではなく外面と、少々のやさしさに惚れただけでしょう。」

 

まあ、実際自分も良くこんな心境に陥りますし、人に言えた話ではないのですが、やはり自戒も込めて厳しめに書いておこうと思います。

 今回に限らず①、②、③に共通して言えることとして、恋愛では余裕をなくすとロクなことがないです。本来冷静に立ち振る舞えば付き合えたはずの女の子さえ、余裕をなくすことでNG行動をしてしまい取りこぼすことが良くあるからです。

 

恋愛に限らず対人関係は熱くなった方が負けです。

まあ、何をもって負けとするのかという話ですが。

 

自分の話を語りすぎる

意中の女の子に自分をすごい人間に見せようとして自慢したり、自分の事を話しすぎてしまう。これもあるあるなNG行動の一つです。

 これをやっている彼女がいない大学生が良く飲み会の席で見かけます。

 でもそんな人たちは大きな勘違いをしています。女性はよっぽどあなたがイケメンでない限り、あなたのことに一ミリも興味がないということを。

 

あなたがいかに自分って凄いかのかを熱弁している間に女の子は「つまらないし、興味ないわ」みたいなことしか考えていないです。ほぼ100%の確率で。

 

基本的に自慢する人物というのは、大したことない人が圧倒的に多い印象を抱くと思います。そしてあなたが、自分がいかにすごいかということを意中の熱弁するのは、そういう自慢ばっかりする人物と同じ行動だと女の子の目には移ります。

 もしあなたが狙っている女の子に自分の事を自慢していたり、語りすぎているのであれば今後はそのような行為を一切やめてください。

 

あなた自身の評価を下げることになります。

 

その代わりに女の子のことを色々と聞いてください。女の子の話に共感し、ツッコミを入れ、自分の事を話すのは最小限。あと自虐ネタを話せると強いですね。

 これらのことが出来るようになれば、少なくとも女の子に悪い印象を与えることはないはずです。そして女の子に悪い印象を持たれていない状態になって初めて、男は恋愛のスタートラインに立つことが出来るのです。

 

コミュニティーでしか彼女を作ろうとしない

 コミュニティーでのみ彼女を作ろうとする方法はコストパフォーマンスが悪いです。

だから彼女が欲しい大学生は、コミュニティー以外にも出会いの手段を持つべきだと僕は考えています。そんなことを以前の記事で書きました。

 

コミュニティーでの彼女を作るには第一に、そのコミュニティーでの地位を高くする必要があります。 

例えば大学のサークルだとしたら、あなたが面白くない人間でもとりあえず活動にたくさん参加しつつ、役職、支部長とか、副支部長とか、新歓担当とかそこらにつけば、ある程度の地位をそのサークルで築くことが出来ると思います。

 そして、サークル内のいい感じの女の子をデートに誘い、告白する。

 こんな感じイメージでしょうか?

 

この流れで注目してほしいのは、やはり告白するまでにかかる労力です。

一人の女性に告白するのに対して費やしている労力があまりにも多すぎると思います。

 大学生なのですから、学生生活を楽しく過ごすという意味でもサークルに入ることは是非お勧めします。しかし、恋愛のためだけにサークルに入るというのは時間がもったいないと思います。

 

確かに理想はサークルとかバイトで、可愛い彼女を作ること。この方法で多くの男子大学生が毎年彼女を作っています。

 

しかしその裏で、サークルに入ってもバイトでも彼女を作れずに出会いがないと嘆き、途方に暮れている先輩方がたくさんいることを忘れてはいけません。あなたが今この記事を読んでいるということは、恐らく彼女が出来なくて悩んでいるはずです。

 そんなあなたが、確実に彼女を作るには、恋愛における経験値を得る事と、告白が成功するまでし続けることが必要です。

 

そのために出会いの数というのは、モテない男子にとって生命線なのです。

 そういったわけで是非出会い系に登録しましょう。もちろん街コンとか相席やとかでもいいと思います。

ただお金を求めてくる人やネットワークビジネス系の人も少なくないです。気を付けて下さい。

 

段階を踏んだアプローチをしない

これも女性経験ない男子大学生あるあるだと思います。

段階を踏まないアプローチとは、例えばスグに惚れて、デートも一回も行ったことないのに告白をするみたいなアプローチの仕方を指します。

 これに関してはさすがに僕もやったことがないです。仲良くもないのに告白する勇気がなかっただけですが。

 

女性は男性が段階を踏まないアプローチをしてきた際には、例外なく無意識的に拒絶反応を示すように出来ています。つまりデートすら一回も言ったことのない男子が告白なんてしても、成功確率はほぼほぼ0%なのです。

 段階を踏まないアプローチをやめて、段階を踏んだアプローチをするように心がけましょう。そうすることで、意中の彼女と付き合える確率が上がります。

 

ちなみに段階を踏んだアプローチとはどんなものなのかというと

  • 何回か話してみる。
  • 夜(昼でも可)ご飯に誘う
  • 映画とか、イベントとかに誘う
  • 好意を示す

 

みたいな形でしょうか。

 イメージとしては①~④の間で徐々にお互いの距離を詰めていく形のアプローチをぜひ心掛けてみて下さい。そうすることで、女の子は安心してあなたという人物を彼氏として扱えるか考えてくれるようになるのです。

 

女の子に対し幻想を抱いている

これに関しては行動ではないのですが、かなりNGな考え方なのでこの記事の中で言及したいと思い追加しました。

 彼女がいない大学生で女の子に対して幻想を抱いている人が、とても多いと私は最近実感しています。具体的には、

 

女の子をきれいな存在として扱いすぎている。

 

ということです。

 女の子は、言うまでもなく人間です。そして人間にはやはりある種の汚さみたいなものがあることも事実。例えば

 ・もし仲良くなったとしても、友達に紹介できないからという理由で付き合わないことも多いです。

・男を同時並行で品定めしたりする。しかも、そんな様子は見せないでです。もし将来的にあなたがいい感じだなと思っていたのに振られたなら、同時並行していた男と付き合ったのかもしれません。

 ・基本的に、悪口と愚痴が大好きです。えっ?あなたにそのことを話さないって?それはあなたが女の子に信頼されていないからです。

 ・浮気も地味にする人多いです。というかいい男に対しての免疫がありません。いい男が食事に誘ったとしてもついていく女の子は少なくないです。

 こんなところでしょうか?

 

恋愛とは女性を相手にした交渉ゲームです。「自分と付き合ってくれませんか」という交渉を女性相手に行っているわけです。

 とするのであれば、その交渉相手の生態や思考回路を知っておくのは交渉を有利に進めたいのであれば必須のことです。

 相手はどんな感じの考えを持っていて、どんな感じの傾向で、どんな行動をとるのか。みたいなことを認識しましょう。

 

そのための第一歩が、女性に対して幻想を抱くのを辞めて、ありのままの汚い部分を受け入れることです。

そして汚さを受け入れた時、あなたは大学での彼女作りに一歩近づいたことになります。

 

相手に必死な印象を与えてしまう

彼女を作ることを焦りすぎるばかりに、女の子にこの人必死という印象を与えてしまうことが有ります。これも恋愛においてのNG行動の一つです。

 これは女性に限らず人間全般に言える事かもしれませんが、人間はいつでも手に入るものの価値を低く見積もってしまう傾向があります。

 特に恋愛に関してはこの傾向が顕著で、

 

「この人とならいつでも付き合える」

 

みたいに相手に思われたら、その女性と付き合うのは困難です。

 そしてあなたが女性に対して必死さを出せば出すほど、女性はあなたがいつでも手に入る存在だと認識します。

 だから絶対に女性に対して必死さを見せることはやめましょう。

 

具体的に女性に必死さを印象付けてしまう方法として、

 その女性に話しかける頻度が多すぎるとか、予定を全部合わせるとか、連絡の際のメールがやけに長いとか色々あります。

 また逆に言うと、相手にこの人は今を逃したら手に入らない人だと思わせることが出来たら女性を彼女化する上でかなり有利になります。

 

もちろんそのように思わせることは簡単じゃ無いです。しかし、余裕を持ち女の子に対応することで、このように女の子が思ってくれることも少なくないです。

意識的に必死な行動を辞めて、余裕を感じさせる行動をとれるように頑張りましょう。

 

 出会いの数を増やそうとしない。

最後は僕が繰り返し、しつこく言い続けていること。

 

「出会いの数を増やそう」

 

ということです。

 なぜこんなに僕がしつこく同じことを言うのかというと、出会いの数を増やすことさえできれば、正直彼女が出来るのは時間の問題だからです。

 出会いを増やすと、今回上手く行かなくともすぐいい人が見つかるからと、余裕をもってアプローチをすることが出来ます。一人の女性に執着しなくなります

 

出会いを増やすと、必然的に女性がどのような生き物なのか見えてきます。また経験値を踏むことが出来ます。

 出会いを増やすと、自分の今の恋愛市場での実力が見えてきます。また自分の改善点も見えてきます。

 出会いを増やすと、アプローチを何回でもできます。そしていつかは必ず成功します。

 

 出会いを増やすことでこのようなメリットがあります。

 

そして出会いを増やすのに一番手っ取り早いのが、出会い系を使うこと。僕は出会い系を使ったことが無いのですが、今実証実験として出会い系を使っています。

 そのうち出会い系で効率よく出会う方法みたいのも書くことが出来ればと思っています。

 

まとめ

今回記事の中で言及したのは以下の10個です。

 

・女の子に対して下手に出てしまう。

・女の子の反応に敏感になってしまう。

・女の子に頻繁に連絡をしてしまう。

・狙っている女の子以外目に入らない

・自分の事をしゃべりすぎる。自慢が多い

・コミュニティーでしか彼女作りをしない

・段階を踏んだアプローチをしない

・女の子に幻想を抱いている

・女の子に対し必死感を出してしまう

・出会いの数を増やそうとしない

 上記で挙げたことは、男子大学生が彼女を作ろうとするときに良くやる、やってしまうことです。ぜひ時々このページを見返してみて下さい。

 

あなたに彼女が出来ることをお祈りして筆をおかせて頂きます。

 

スポンサーリンク