サークルで恋愛したい大学生へ!恋人の作り方を最初から解説する。

スポンサーリンク

「恋人欲しいなあ。まあとりあえずサークルに入ったら恋人が出来るでしょ

そんな風に思う、高校3年や大学1年生は少なくないと思います。

何を隠そう私も高校3年で大学に受かってから、大学入学後の6月くらいまでそのような思いを持っていました。

 

しかし現実はそんなに甘くありません。

 

ただサークルに入っただけではそう簡単に恋人を作ることはできないのですこのことは現役大学生なら誰しもが納得してくれるでしょう。

そこで今回は私が大学生活を4年送る中で編み出したサークルで恋愛をする方法を特別にお話しようと思います。

この記事を読むことであなたがサークル内で恋愛をし、恋人を作る確率は大幅に上がるはずです。ぜひ最後まで読んでみてください。

 

それでは始めていきます。

 

サークルで恋人を作るための正攻法

実はサークルで恋人を作ることが出来る人には、男女問わずある共通点があることをご存じですか?

その共通点を意識しその共通点の通りに振舞うことで、あなたに恋人が出来る確率は大幅に上がります。

ではサークルで恋人を作ることが出来る人の共通点とは何なのでしょうか?

まず1つ目は、サークル内での上位ヒエラルキーを持っていること。

 

言い換えるならそのサークルの中で発言力を持っている人物ということです。つまり発言力を持っている人間は、恋人ができやすいのです。

 

またお互い知り合ってから付き合い始めるまでの期間にも共通点があります。

その期間とは大体6か月から1年程度。サークルに入ってすぐに恋人が出来る人は少なく、いないこともないですがたいていの場合すぐに別れるカップルが多いです。

 

これら2つのことをまとめると、サークルで恋愛をするためには

 

「サークル内で発言力を手に入れて、その上で徐々に恋人候補と関係性を深めていく。」

 

ことが必要と言えます。

ただサークルで発言力を手に入れるのも、女性との人間関係の詰め方も難しいところがあります。

 

そこで次からは①サークル内での発言力の手に入れ方②上手い恋人候補との関係性の深め方について解説していきたいと思います。

 

サークル内で発言力を得る方法

「サークル内で発言力を得る事なんてできないよ。自分コミュニケーション能力ないし」

 

私がサークルで恋人を作りたいと言ってきた人に、「じゃあサークルで発言力を持とう」というと結構上記の反応が返ってきます。

 

確かに一見、今までコミュニティーで発言力がなかった人間がサークルに参加したとたんいきなり人気者にはなる未來は想像できないと思います。

しかしここを勘違いする人が多いのですが、高校までと違い大学のサークルで発言力を持つことはさほど難しくないのです。

 

高校までの場合、コミュニティーで発言力を持つにはまず容姿が良いこと、もしくは面白いことのどちらかが必要でした。

しかしサークルで発言力を持つには上記2つのことも大切ですが、それ以上に

 

①どれだけサークルに参加し、②サークルの中心的な存在かどうか

 

ということが大切となってきます。

 

なぜサークルに参加するだけで発言力が上がるかというと、大学のサークルは基本的に参加率があまり高くないからです。

結果、沢山サークル活動に参加すると必然的に他のサークルメンバーより、様々なメンバーと長く時間を過ごすことになります。

 

つまり、

 

たくさんサークルに参加する=サークル内の色々な人と仲良くなる機会が増える

 

ということです。

 

もちろん参加率を増やしたら絶対サークルで発言力を獲得できるかというと、必ずしもそうとは限りません。

しかし明らかにサークル内で発言権を獲得する上で有利になります。

なのでサークルで恋愛したい方は、まずサークルへの参加率を上げてください。

 

次にサークルで発言権を得るにはサークルの中心に近づけば良いと言いました。

これは言葉の通り、サークルの発言権を持っている人(=中心人物)と仲良くなればいいということです。

 

ではどうすればサークルの中心人物と仲良くなることが出来るのでしょうか?

 

Aサークル運営のめんどくさい部分に積極的に関わる

B先輩に可愛がられる

C(積極的に中心人物を誘って)サークルの企画を立てる

 

この3つのことを意識することでサークルの中心人物と仲良くなることが出来ます。

また①⇒②⇒③という順番通りに行動することを意識すると、さらにサークルの中心にいける確率が高まります。

 

まず①に関して、

 

サークル運営は、めんどくさいことがたくさんあります。

 

例えば、サークル活動をする上で、学校側と様々なやり取りをしないといけない。

そして企画一つをやるにしても、イベントの内容を決めるだけではなく、出欠確認や、日程調整、また予約等をしなければいけない。

そこに新歓や、予算の管理、OB等の関係を保って等のことです。

 

しかし大半のサークルメンバーはこのサークル運営の大変さを知りません。

 

いや知らないどころか、当日いきなり飲み会のキャンセルなど、結構手のかかることを平気でしてきます。

だからこそサークル運営のめんどくさい部分に積極的に関わることはとても効果的です。

 

なぜなら、サークル運営に関わっているもの同士が、その大変さを共有することで自然と仲良くなるからです。

そして運営にかかわる人間というのは基本的に、サークルの中心メンバーであることが非常に多いです。

 

こういった点からサークルの運営にかかわること、特に大変さを共有することは、手っ取り早くサークルの中心と仲良くなる方法の一つだと思います。

 

また大変さを共有することで人間は恋愛をしやすくなるので、恋人作りという面でも、サークル運営にかかわることはお勧めかもしれません。

 

②に関して、先輩と仲良くなることは同学年で発言力を手に入れる方法の一つです。

なぜ先輩と仲良くなると、サークルの中心に近づけるかというと、

 

同級生の発言力<先輩の発言力

といった式がたいていの場合成り立つからです。

 

例えば飲み会などでお酒を飲む時も、テーブルで発言力を持つのは先輩がほとんどです。

そしてその先輩と仲良くなっていると、話を振られたり、いじられたりでその場の中心になることが出来ます

 

そういった場合同学年の発言力が有る人間は、その先輩と仲良くしようとします。

するとその同級生の中で一番の最適な行動は

 

「あなたと仲良くする。」

 

ということなのです。

 

最初は絡んできたと言って別にあなたに親しみを覚えていないでしょう。

しかし人間は自分のとった行動を正当化して理由付けをする傾向を持っているので、

 

あなたに自分から話しかけた⇒自分が良いと思って話しかけたという風に解釈してあなたのことを勝手に仲が良い人と認識します。

これが先輩と仲良くなるとサークルの中心人物と仲良くなれる仕組みです。

 

因みに先輩と仲良くなるには、とりあえず積極的にいじられるべきだと思います。

もちろん他にも可愛がられるや、頼られる、一目おかれる等の関係性を築いても良いと思います。

 

ただ一番楽に先輩と仲良くなれる方法はいじられることです。

先輩に近づき自虐ネタを話し、先輩にいじられてうれしそうにしとけば、とりあえずある程度まで先輩と仲良くなることはできます。

これに関しては自分のキャラと相談して、どうふるまうか各々考えてください。

 

ただ一つ言えるのは待っているだけでは何も起きないということです。

 

③に関して

自分でサークルのイベントを企画することが出来ると、①、②で手に入れた発言力を強化することが出来ます。サークルでの地位を盤石のものにすることが出来ます。

なぜなら自分で企画を立てることで、サークルに参加している一人の人間から、あなたはサークルを引っ張っていく側の人間になることが出来るからです。

 

どんな組織でもそうですが、ヒエラルキーのトップに行くにつれ、自分の周りに人が集まってきます。

(それが組織に属す以上最適な振る舞いになるので。まあ、この話はいつかします。)

 

企画の立て方は何かを一緒にしようみたいな形でいいでしょう。やることはサークルと関係のないことがお勧めです。

例えばボーリングとかカラオケとかダーツとかラウンドワンとかです。特に手ぶらでいけるイベントがお勧め。参加率が上がります。

あと奇をてらって美術館行くとか、ボードゲームするとかでもいいかもしれません。

 

そしてこの企画を立てる際に、仲が良くかつ発言力のある人に話を持って行くのもお勧めです。

そうすることで純粋にイベントに参加する人数も増えますし、発言力が有る人物と仲良くなることもできます。

 

まさに一石二鳥なのです。

 

勝てる戦場で戦おう

ここまでサークルで発言力を手に入れる方法を書いてきました。この発言力を手に入れることが出来たら、サークル内恋愛の地盤を固められたようなものです。

あとはこの状態から、いかに恋人を作るかについて書いていきたいと思います。

 

しかしその前に一つ声を大にしてあなたにお伝えしたいことが有ります。私がサークルで質の高い恋愛をする上で一番大切と考えていることです。

 

それは、「勝てる戦場で戦う」ということ。

 

恋愛において私はこのことが一番大切なことだと考えています。

(恋愛以外にもこの考えは重宝します。)

 

そしてサークル恋愛においての勝てる戦場を具体的に言うと

 

同姓のレベル(魅力)が低くもしくは同姓が少なく、異性のレベル(魅力)が高い、もしくは異性がたくさんいるサークル

 

となります。

 

自分より顔が良い人間が多かったり、面白い人が多いサークルでは、あなたがこの記事の内容を実践してもサークル内で評価されるのは難しいでしょう。

なぜなら魅力は相対的なものだからです。そして魅力で大きく負けていると、この記事で書いた内容は正直あまり役立たないと思います。

 

所詮テクニックは、テクニック。

だからこそ自分より顔や面白さ低い人間が少なくないサークルで、恋愛をしましょう。

 

また逆に魅力的な異性が多いということは、本来は高く評価される異性が、そのサークル内で低めに評価されていることを意味します。

なぜこのようなことが起こるかというと、需給バランスで人の価値は決まるから。

 

そして本来より低めの価値で扱われている異性は、恋愛という視点で見ると掘り出し物と言えます。

なぜなら人間は、コミュニティー内で同じようなレベル(魅力度)で付き合うようになっていて、このことを踏まえると本来であればあなたと釣り合わないレベルの異性が、あなたの手に届く状態まで下りてきているからです。

 

少し話は変わりますが、自分の今いる場所でどのように戦ったら成果を上げることが出来るかに頭を悩ます人がこの世にはたくさんいます。

しかし実は戦いは「どのように戦うか」より「どこで戦うか」の方が大切だったりします。

 

「どのように戦うか」という考え方は、自分を強くしようとする考え方です。もちろんこの考え方もとても大切だと思います。

しかし勝つということだけに特化するのであれば、自分より強い人と戦うよりそもそも自分より弱い人と戦う方が楽に勝てます。

 

そして自分より弱い人がたくさんいる場所を探すのが、「どこで戦うか」を考えるということなのです。

この考えは先ほども言いましたが、恋愛だけでなくビジネス、結婚、就活、その他競争原理が働くものに対してとても役立つ考え方です。

是非覚えておいてください。

 

話を戻します。

サークルで恋人を作りたいなら、自分が高く評価されるサークルに入りましょう。間違っても適当にサークルを選んではいけません。

 

勝負はどう戦うかではなく、どこで戦うかで決まってしまうことも少なくないのですから。

 

サークルで中心になれた後の戦い方

サークルにきちんと参加し、サークルで発言力を手にして、サークルの中心になることができた。

この状態を作り出せたあなたは、サークル内恋愛の地盤固めに成功したと言えます。

 

後はサークルで恋人を作るだけ。でもどのようにして恋人を作ればいいのだろうか?

そのことについて私の持論を述べていきたいと思います。

 

私のサークル内恋愛においての持論。それは、

①自分が付き合っても良いと思え②かつ自分に脈がありそうな人と付き合う。

です。

決して自分の好きな人との仲を深めに行くではありません。

なぜかというとサークル内恋愛では、基本的に告白は一回しかすることが出来ないからです。

 

そしてその一回の告白に失敗すると、少なくともあと一年は次の告白の機会に恵まれなくなります。せっかく何か月もかけサークルでの地位を得ることに成功したのに、結局恋人を作ることが出来なかった。

 

そのような事態になることが僕は嫌です。

なので僕は、自分が付き合っても良いと思え、かつ自分に脈がありそうな人と付き合うという作戦を取ることをお勧めします。

 

もちろん自分の本命のみに絞ってアタックするというのも良い選択肢だと思います。

しかしやはり本命一人に絞ると、恋愛が失敗に終わる可能性もやはり上がります。

まあ、これに関しては好みの問題だと思うので、読者の皆様にどちらの作戦を取るかの判断はお任せします。

 

では、

「①自分が付き合っても良いと思え②かつ自分に脈がありそうな人と付き合う」ための方法論を解説していきたいと思います。

 

恋人候補との仲の深め方。

サークル内恋愛をする上でまず行うべきこと。それは恋人候補を3人ほどピックアップすることです。

今サークル内である程度発言力を持っているあなたにはサークル内である程度話すことが出来る異性が居るはずです。

 

その中からあなたが付き合っても良いと思える人を3人ほど選びましょう。

一回も話したことないとか、明らかに自分に興味がない人は、この人選の中から外すべきだと思いますが、厳密に仲の良さを気にする必要もないと思います。

 

さてとりあえず恋人候補3人ほど人を選べたでしょうか?三人候補を選んだあとは、同時にアプローチを掛けていきます。

もちろんアプローチと言ってもグイグイ押していくアプローチではなく、徐々に距離を詰めるアプローチです。自然なアプローチとも言えます。

(自然なアプローチは必須です。じゃないと同時にアプローチはできません。)

 

距離の詰め方は色々あると思いますが、人間は何かを一緒にすることで仲が深まる生き物なので例えば、

 

何かイベントを企画する⇒恋人候補とイベントを開く(ミニでもよい)⇒お疲れ様の飲み会

 

みたいな流れの中で仲を徐々に深めればいいと思います。どんなイベントを開くかは、お互いの共通する趣味でいいでしょう。

 

もしあなたと恋人候補で趣味がかぶらなかった場合はその趣味を勉強して、相手の趣味に合わせてください。

例えばダーツが趣味とかだったらダーツ会を開くとかのイメージですね!

 

またイベントを開かずに、直接趣味つながりで2人で遊ぼうというのも良いと思います

 

ただ自然に相手を誘うためには、その趣味に関してある程度深い知識が必要です。もし薄い知識しかないと、誘いに怪しさが出てしまいます。

そして誘いに不自然さが出てしまうと、相手は身構えてしまいます。その点だけ注意してください。

 

脈のある相手の見つけ方。

今紹介した方法で恋人候補全員に同時アプローチをしたとします。すると個人差はあるにしろ全員と少しは仲良くなれたことと思います。

しかしある程度みんなと仲良くなれたら、この3人の恋人候補の中から1人告白をする対象を決めなければいけません。

 

選び方は先ほど言った通りある程度の脈が有るのか、ないのかを確かめた上で、脈がまあまあ有りそうな人を好みで選べばいいと思います。

脈の有無の見分け方についてですが、正直これは難しいです。やはり個人差による部分もありますし。ただ一つ言えるのは

 

脈あり判断は言動ではなく、行動で判断すること

 

が基本です。

 

例えば分かりやすいところで行けばラインの返信速度のとか、あっちから連絡がくるのかとか、遊びに誘われるかとか、サークルで話しかけてくるかとか色々あります。

また遊んでいる最中、姿勢が前のめりかとか、膝が自分の方に向いているかとかでもある程度脈の有無を判断することが出来ます。

 

また裏技として

「あー○○って店とってもおいしいらしいよ」とか、「最近○○にハマってて昨日も食べたんだけど、また今日も行きたい(笑)」

 

みたいなことを話して

 

「私も食べたい。食べに行こ!」

 

と言われたら脈があると考えるという作戦でも脈ありの有無を正確に見分けられます。是非使ってみてください。

 

最後のツメ!

今述べた脈ありの相手を見極める方法を使って誰が脈ありか判断することが出来た。

そして最後の一人の恋人候補に絞り込むことが出来た。相手も自分に少しは気が有るらしい。

ここまで来たらあとやることは簡単。

 

適当な口実を付けてその恋人候補をご飯に誘い、サークル活動を通してどう惹かれていったかを伝え、告白しましょう。

 

恋愛においては、様々な搦め手が有りますが、今回に限っては正々堂々気持ちを伝えることをお勧めします。今まで丁寧に関係を築いてきたので、搦め手を使う必要なんてないはずです。

ここまで読んでいただいて有難う御座いました。あなたがサークルで良い恋愛が出来る事。そしてサークルで最高の恋人が出来ることを祈っています。

 

後この方法で彼氏、彼女を作れた人は是非コンタクトフォームから連絡ください。

それでは健闘を祈っています。

 

PS

ただ万が一フラれてしまった時のために大人の悪知恵を授けておきます。

それはフラれたことを相談したいという形をとって他の恋人候補にアプローチを掛けることです。

 

コツはあなたが男ならフラれても堂々としておくこと。

女性なら重くなりすぎない形で、伊豆就いていることをアピールすること。

 

後は相手からのアプローチを持つのも良いですし、話を聞いて貰えてうれしかった。これからもよろしくとか言ってこちらから再アプローチを掛けるのも良いと思います。

 

今度こそ本当に失礼します。頑張ってくださいね!応援してます!

 

スポンサーリンク